カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
  

NEWスカイエクスプローラー AZEQ6GT-J赤道儀 

赤道儀としても経緯台としても使用できる大型架台
赤道儀と経緯台が合体した、新しいタイプの架台が登場。赤道儀モード・経緯台モード、それぞれに合ったシーンで使用できます。搭載重量は約20kgと大型の機材の搭載も可能。従来の45mm幅レール以外にも、75mm幅の大型レールにも対応し、より安定した運用ができるようになりました。写真撮影や大型機材での観望に最適です。

コントローラーが新しくなり、日本語での操作が可能となり使いやすくなりました。パソコンに繋ぐケーブルがRS-232ケーブルからUSBケーブルに変更になり、パソコンとの連動が楽になりました。星空シミュレーションソフト「SUPER STAR V for Sky Explorer」(別売)につなぎパソコンでコントロールすることも可能です。

NEWスカイエクスプローラー AZEQ6GT-J赤道儀 

希望小売価格:
460,080円(税込)
価格:

283,811円 (税込 306,515円)   <33%OFF>

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■ステッピングモーターを内蔵
ステッピングモーターとマイクロステップ回路を内蔵し、高精度な追尾を実現。 モーター取り付けのわずらわしさもありません。

■静音高速導入が可能
最高800倍速(対恒星時)の高速導入ながら、駆動音は大変静か。 深夜の住宅地などでの観測でも音を気にすることなく観測可能です。

■40,000個以上の天体を記憶した「SynScan」システム

「SynScan」システムの登録天体は、惑星はもちろん、メシエ天体、NGC、IC天体も網羅。 また、市販のプラネタリウムソフトをインストールしたパソコンと連動させることも可能です。
対応ソフト(2013年8月現在)
・「Super Star ?」Seedsbox
・「ステラナビゲーターVer.9」アストロアーツ

■ウエイト軸を内蔵
ウエイト軸はマウントに内蔵されており、ワンタッチで引き出し可能。わずらわしい取り付け作業は不要です。

■高い安定性を誇る三脚
マウントを支える三脚にはステンレスパイプを使用。眼視観測のみならず、 特に写真撮影の際には威力を発揮します。

形式:両軸モータードライブ搭載、天体自動導入ドイツ式赤道儀&経緯台(Dual Model)
赤経ウォームホイール歯数:180枚
赤緯ウォームホイール歯数:180枚
駆動モーター:ハイブリットステッピングモーター(ステップ角1.8度)
駆動速度:対恒星時 最高1008倍速(10段階で設定可能)
追尾モード:恒星時、月、太陽の3モード
記憶天体数:約42,000個(メシエ天体全てとユーザー設定25個を含む)
耐荷重:約20kg(SE250N CRまで搭載可能)
緯度調整範囲:10~75度、90度
方位角調整範囲:±9度
三脚:2インチステンレスパイプ伸縮式
電源:DC12V 4A
高さ(赤道儀本体):425mm
質量(赤道儀本体):15.4kg(ウェイトを含まず)
高さ(三脚):833~1,160mm
質量(三脚):7.5kg
ウェイトシャフト:シャフト径25mm 長さ202mm(150mm延長シャフト付属)
付属品:ハンドコントローラー、PC接続ケーブル(RS232C)、ACアダプター(12V4A)、シガーソケット電源コード、バランスウェイト5kgx2、ウェイトシャフト取付用アリミゾプレート


■ビクセン規格、幅広プレート両対応のアリミゾ部
2段の段差を設けることで2つのプレート規格に対応しています。


■コントロールパネル
写真のような配置です。オートガイド端子(ST4互換)標準装備です。


■バランスウェイト軸
ウェイト軸は、赤道儀本体に収納可能です。


収納した様子。


■赤緯クランプ
回転固定式です。3か所に突起が設けてあり指掛けしやすくなっています。


■赤経クランプ
極軸望遠鏡の上にあるのがクランプです。回転固定式でクランプの位置が変更できるので
締め具合を調整できます。


■高度調整目盛り
極軸の高度調整目盛り標準装備。高度調整後は大型のクランプでしっかり固定できます。


■高度調整クランプ
極軸の高度調整クランプは、タンジェントスクリュー式ですので、重い機材を搭載しても
楽に調整が可能です。


■経緯台としての使用
高度調整を90度に傾けると経緯台としてお使いいただけます。


■ウェイトシャフト取付用アリミゾプレート
ウェイト軸に装着できるアリミゾマウントです。
こちらもアリミゾ部が2段になっており、ビクセン規格と幅広プレートの両対応になっています。

ウェイト軸に装着した様子。

ページトップへ