カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
  

unitec(ユニテック) シンプルフォークユニット2

アルカスイス規格キャッチャー対応溝付
※画像にはシンプルフォークユニットDXを使った使用例が含まれています。

unitec(ユニテック) シンプルフォークユニット2

希望小売価格:
10,800円(税込)
価格:

10,000円 (税込 10,800円)  

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

SWATシリーズポータブル赤道儀はクランプを緩めて極軸の粗動回転が可能です。また、東西の16~20倍速ボタンを装備しているので、本格的な赤道儀と同様な操作ができます。そのため、ジンバルといわれるような高価なフォーク雲台は必要なく、縦構図専用となりますが、このような軽量でシンプルなフォークユニットを使うことができます。赤緯回転はカメラの取付ネジを緩めて行なう極めてシンプルな構造のため、まったくガタがありません。また、カメラ取り付け部分には摺動性に優れたPOM製の台座がついていますので、とてもスムーズな回転が得られます。軽量な広角~中望遠レンズでの気軽な撮影に好適です。
一般的なことですが、カメラ用に開発された多くのパーツは、当然ながら高速シャッターのためのものが多く、天体撮影のような長時間露出を考慮してない場合がほとんどです。一見丈夫そうに見えても強度が不足していて長時間露出時のガイドミスにつながってしまいます。安価な軽量カメラ三脚などが強度不足のよい例です。ポータブル赤道儀用のパーツは、徹底的に軽量でシンプルな装置が好結果を生みます。

シンプルフォークユニット2のSWAT赤道値への取り付けは、M6ローレットビス一本なので簡単です。T型のハンドル付きなので、工具を使わなくても、しっかりと固定できます。その他、新たにアーム部分には35mm間隔のM6ねじ穴を3箇所開けてあります。カウンターウェイトやテーパーキャッチャーを取り付けて、便利にお使いいただけます。さらにもうひとつシンプルフォークユニット2を取り付けていただくと電子極望「ポールマスターSWAT」の搭載も可能になります。ユーザー様のアイデア次第で、用途が大きく広がります。なお、フォーク式はカメラのファインダーがのぞきにくい天空が生じるので、カメラはバリアングル液晶を備えたキヤノンEOS60Dなどがお勧めです。

極軸が粗動回転できないビクセン社製ポラリエには「粗動回転ユニットミニ」を併用していただくことで、極軸粗動回転を実現し、シンプルフォークユニット2の機能をフルに発揮させることが可能です。

高さ150mm、幅38mm、重さ約210g。

ページトップへ