カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
  

Nikon D810A

納期はお問い合わせください。

Hα線対応。宇宙の赤い神秘を、鮮やかに写し出す。
ニコン初の天体撮影専用超高精細デジタル一眼レフカメラD810A

FXフォーマット/有効画素数3635万画素/ISO感度ISO 200-12800
質量約980g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含み、ボディーキャップを除きます)

Nikon D810A

オープン価格:
オープン価格
価格:

348,750円 (税込 376,650円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

<Hα線対応の光学フィルター>

Hα線の波長で光る星雲を鮮やかに写せる、専用の光学フィルター透過特性

光学フィルター(赤外線カット)の透過特性を天体撮影用に変更したD810Aは、一般的なデジタル一眼レフカメラでは淡くしか写せないHα線の波長で光る星雲を、期待どおりに赤く写せます。
ご注意:天体以外の一般的な被写体の撮影では、撮影状況や被写体によって実際より赤みがかった画像になる場合や、適切な色再現にならない場合があります。大切な撮影の前には、試し撮りをすることをおすすめします。



光学フィルター(赤外線カット)のHα線の透過率を約4倍に拡大
D810Aは、撮像素子前面にある光学フィルターの透過特性をHα線(波長:656.28nm)で発光する星雲などの天体撮影用に変更しています。一般的なデジタル一眼レフカメラでは、一般の被写体の色を適切に再現するために可視光域「赤」寄りの光の透過率を抑えています。Hα線はこの領域にあるため、そのままでは、Hα線の波長で光る星雲は淡く写すことしかできません。D810Aの光学フィルターは、可視光域「赤」寄りの光の透過率を、より赤外域近くまで高く保持。Hα線の透過率をD810比で約4倍に引き上げており、Hα線の波長で光る星雲を期待どおり、鮮やかに赤く写すことができます。

<天体撮影に特化した機能>

長時間露光に便利な、最長900秒までの露光時間を設定できる長時間露光マニュアルモード(M*)


D810Aは、通常の露出モードP、S、A、Mに加え、新たに露出モードのひとつとして長時間露光マニュアルモード(M*)を搭載しました。連続撮影の「100コマ制限」が解除されるシャッタースピード4秒以上の長秒時で、4秒、5秒、8秒、10秒、15秒、20秒、30秒、60秒、120秒、180秒、240秒、300秒、600秒、900秒のシャッタースピード設定と、バルブ、タイムの設定が可能。設定秒時は実制御秒時なので、長時間露光、コンポジット、比較明合成などに便利です。特に比較明合成を行う場合の、総露出時間の算出が容易です。



測光機能は動作せず、表示パネル、ファインダー内下部表示の露出インジケーターは消灯します。

赤く点灯し続けるファインダー内の水準器表示
M*モードでファインダー内の水準器表示を点灯させると※、水準器表示は半押しタイマーがOFFになるまで赤く点灯し続けます。暗い中でも見やすく、星景撮影での水平出しに有効です。
※カスタムセッティングで「Fnボタンの機能」に「ファインダー内水準器」の割り当てが必要です。



ライブビュー時、ピント合わせや構図調整に便利な30秒より長い露光時間設定時のプレビュー機能
天体撮影で使用頻度の高い30秒より長い露光時間設定時※、ライブビューではシャッタースピードを30秒に設定したとき相当のプレビューを表示できます(実際の撮影画像の露出とは一致しません)。天体撮影時のピント・構図の確認が容易に行えます。
※マニュアルモード(M)でバルブ、タイム撮影を設定した時、または、長時間露光マニュアルモード(M*)でバルブ、タイム撮影を設定した時、および、露光時間を60秒、120秒、180秒、240秒、300秒、600秒、900秒のいずれかに設定した時。

・一般的なデジタル一眼レフカメラでは、バルブ、タイム撮影時には露出が確定しないため「露出プレビュー」は表示しません。



厳密なピントの確認が容易な、ライブビュー時最大約23倍の拡大表示
ライブビュー中には、最大約23倍のライブビュー映像の拡大表示が可能です。D810同様、撮像素子の新しい読み出し方法によりライブビュー拡大表示時にもピントの山をつかみやすい画質を確保しており、厳密なピントの確認が容易に行えます。拡大表示中は、画面右下のナビゲーションウインドウで構図のどの部分を拡大しているかが一目瞭然。拡大位置は、マルチセレクターの操作で上下左右にスクロールできます。

<有効画素数3635万画素の解像力>

ニコンデジタル一眼レフカメラ中最高の解像力

D810Aは、際立つ解像感と滑らかな階調表現を実現した、D810と同じ光学ローパスフィルターレス仕様のニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載。有効画素数3635万画素の、ニコンデジタル一眼レフカメラ中最高の解像力を活かした天体写真が撮影可能です。さらに、最新の画像処理エンジンEXPEED 4が、鮮やかで抜けのよいクリアーな発色、漆黒から純白までの繊細でニュアンスに富んだ立体感のある階調を再現。天体写真のクオリティーをかつてないレベルへと高めます。

優れた高感度性能とノイズ低減処理
D810Aの撮像感度は、ニコン独自の厳格な基準を満たしながら、ISO200からISO12800までと広範囲※。いずれの感度でも広いダイナミックレンジを維持しています。高感度時、および長秒時には、画像処理エンジンEXPEED 4の優れたノイズ低減処理で、コントラストが低い被写体でも、有効画素数3635万画素の精細さを極力残したままノイズを抑えます。偽色も少なく、コンポジットを行わない星景、星野の固定撮影でも、クリアーな画像が得られます。
※ISO100相当(Lo1)までの減感、ISO51200相当(Hi2)までの増感も可能。

機構ブレを極力低減する電子先幕シャッター
レリーズモードをMup(ミラーアップ撮影)に設定しているときには、メカニカル先幕を電子先幕に切り換え、先幕の働きを撮像素子で代用する撮影が可能です(カスタムメニューの設定が必要)。メカニカルシャッターと異なり先幕の走行による機構ブレが発生せず、また、ミラーアップ撮影でミラーの振動もないため、ブレを極力抑えたい天体撮影、特に月面撮影等に極めて有効です。

美しい光跡写真の素材撮影を可能にするコマ数無制限の連続撮影
レリーズモードがCH、CLのとき、シャッタースピードを4秒以上の長秒時に設定すると、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り長時間にわたって、どの画質モードでも連続撮影を継続できます。インターバルタイマー撮影と異なり、次のコマの撮影がすぐ行われるため、比較明合成を行った際、つなぎ目が目立たない滑らかな光跡を表現できます。露出モードは、シャッタースピードを実制御秒時で設定でき総露光時間の算出が容易な長時間露光マニュアルモード(M*)が便利です。

長時間安心して撮影できる低消費電力設計
D810同様、優れた低消費電力性能を実現しています。Li-onリチャージャブルバッテリーEN-EL15の1回の充電で、内蔵フラッシュを発光させない当社試験条件※1では約3860コマの静止画撮影が可能※2。撮影コマ数が多く長時間にわたる天体撮影でも安心です。別売のマルチパワーバッテリーパックMB-D12使用時には、両方のバッテリーをシームレスに連続して使用可能。カメラ側の設定によってバッテリーの使用順序を決めることもできます。
※1 内蔵フラッシュは発光させず、撮影直後の再生も行わない条件。
※2 撮影の50%で内蔵フラッシュを発光させるCIPA規格に準拠した測定では約1200コマ撮影可能。


安心の複合的なイメージセンサーダスト対策
光学フィルターを複数の周波数で振動させ、付着したゴミやほこりをふるい落とすイメージセンサークリーニング機能を搭載。このほか、組み立て時にカメラを十分に作動させることで使用時のメカダストの発生を抑える、別売のソフトウェアやクリーニングキットでゴミやほこりの軽減、除去を可能にするなど、ニコンインテグレーテッドダストリダクションシステムによる複合的な対策を行っています。

ページトップへ