カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
  

馬頭星雲観望用 H-β フィルター 48mm サイズ

バーダープラネタリウム社がCCD撮影用として開発したHβフィルターは、眼視観望にも使用可能です。
Hβフィルターは、オリオン座の馬頭星雲周辺の散光星雲であるIC 434やカリフォルニア星雲など、限られた数の暗黒星雲を観測するための専用フィルターです。このような天体はいずれもHβ線を含む波長領域で輝度が増します。Hβフィルターなしでも馬頭星雲をわずかに捉えることはできますが、バーダーのHβフィルターを使用するとなかなか把握しにくいと言われる馬頭星雲など、このフィルターを使用すると、いずれの星雲も輝度が増し見えないと言われていた星雲が「見える星雲」になります。
IC 434の場合、実際の馬頭星雲周辺の赤い輪郭によって馬頭星雲が見えます。カリフォルニア星雲も、Hβフィルターなしでもなんとか見えるという点では同じです。しかしHβフィルターを使用すると、カリフォルニアの「形状」が明瞭に見えるようになります。

※この品物はお取り寄せ品です。ご注文後納期のご連絡をいたします。

馬頭星雲観望用 H-β フィルター 48mm サイズ

価格:

24,815円 (税込 27,296円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

20cm~25cmの鏡筒では、ほとんど見えない馬頭星雲が見えるようになり、カリフォルニア星雲は、コントラストがはっきりとしてフィラメント構造の詳細がよく見えるようになります。
Hβフィルターを使用すれば、使用しない場合に比べ、M42/43、北アメリカ星雲、その他いくつかの天体もよく見えるようになりますが、多くの場合、これらの天体はUHC-S やOIIIフィルターを使用した方が全体のディテールの見え方はよくなります。Hβフィルターを使用して、他のフィルターの視界とHβの視界を比較することで、より明るい星雲の構造上の詳細も観察することができます。
眼視でHβフィルターご使用の場合は、口径が大きいほどよく見えますので、可能な限り大きな口径の望遠鏡お勧めします。

ページトップへ