カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
  

タカハシ FSQ-130ED 鏡筒

究極の5枚玉天体望遠鏡

FSQシリーズ最上位機種となるFSQ-130EDが登場。3枚の凸レンズ全てにスーパーED(特殊低分散)ガラスを使用するという贅沢な設計で、これ以上はないという程の収差補正がなされた天体望遠鏡です。口径比1:5の明るい設計でありながら卓越した光学性能を実現した、フォトビジュアル屈折望遠鏡の最高峰といえます。コンパクトな設計なので簡単な観望・撮影でしたらEM-200赤道儀でも運用でき(要バランスウエイト追加)、移動しての観測にも適しています

タカハシ FSQ-130ED 鏡筒

価格:

1,320,000円 (税込 1,425,600円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

新設計の光学系はTOAとFSQを融合したタカハシ独自もので、中心から周辺までほぼ完全な収差補正を実現しています。前群をTOAタイプにすることで軸上色収差、波長による球面収差を補正し、後群をFSQ-106EDタイプにすることで像面の湾曲、非点収差、倍率色などの周辺収差を補正しています。また、4枚目のレンズを大きくすることにより周辺減光が少なくなり、35mmフルサイズの対角周辺のφ44mm付近で光量97%、645の対角周辺のφ64mm付近で光量92%、67の対角周辺のφ88mm付近でも光量78%を実現しています。光量60%のイメージサークルはφ110mm確保されています。
従来の4枚構成FSQで残存していた諸収差はほとんど除去され、星像のシャープさ、像面の平坦性はさらに向上しました。FSQ-106EDとの比較ではスポット直径が中心から周辺まで1/2以下に達しています。

■新設計の大型接眼体
接眼部は大型冷却CCDカメラの装着も念頭に置き、大口径ドロチューブの付いた大型接眼体を採用しました。機構的にはFSQ-106EDのものを踏襲していますが、支持方法などを改善して強度向上を図っています。また、標準で減速微動装置、カメラ回転装置も組み込まれています。

■スライドフード採用のコンパクトな鏡筒
スライド式フードの採用によりコンパクトに収納できます。さらにアイピースアダプターを外すと全長540mmまで短くすることができます。画像上はフードを伸ばした状態で、下はフードを収納し50.8アダプター(屈折用)から先を外した状態です。


 形式  5群5枚 フラットフィールドスーパーアポクロマート
 有効口径  130mm
 焦点距離  650mm
 口径比  1:5.0
 イメージサークル  φ110mm
 分解能  0.89”
 極限等級  12.3等
 集光力  345倍
 鏡筒径  156mm
 鏡筒全長
 830mm(フード収納時は700mm)
 質量  約12.7kg(ファインダー含む)
 ファインダー  7倍50mm MEF付属

ページトップへ